MENU

DCCディープチェンジクレアチンに含まれる成分の効果を分析

DCCディープチェンジクレアチンに含まれる成分の効果は以下のようになります。

 

 

成分名 概要・効果
クレアチン 筋トレのエネルギー源であるATPの再合成を手助けする働きがあると考えられているアミノ酸。筋トレ中のスタミナや筋力アップに効果があると言われており、オリンピックアスリートの約8割が摂取しているとも。筋トレをしている人にとってはプロテインに次ぐ人気の成分です。
HMB 筋肉の合成を促進する作用と、筋トレで筋肉が分解してしまうのを防ぐ作用があると言われています。クレアチンに比べると歴史の浅いサプリですが、筋肉増大に大きな効果を発揮すると期待されており、筋肉サプリブームを後押しした成分でもあります。
BCAA 筋肉の原料となる必須アミノ酸の総称。バリン・ロイシン・イソロイシンからなり、早い話がタンパク質を細かく分解したもの。筋トレで筋肉が分解してしまうのを防ぐ効果や筋トレ後の筋肉ゴセイを促進する効果があると言われており、筋肉を増やすために有効だと考えられている成分です。
オルニチン 主にシジミに含まれている成分で、体内に取り込んでもアミノ酸のままでいる遊離アミノ酸。肝臓の保護、肝臓でのタンパク質合成に役立っています。飲酒の習慣がある方や負荷の高いトレーニングをしている方にとって非常にありがたい成分です。
イミダ15 鶏胸肉に含まれている成分。大学研究機関が発見した疲労回復に効果が期待できる成分。何百キロも移動する鶏のパワーの源ではと考えられてます。
ブラックジンジャー 美容業界でかなり注目されている成分で、高いダイエット効果と消化吸収の促進、アンチエイジングに効果を発揮すると言われています。老化に有効な抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富にふくまれていて、運動後の疲労した体に最適です。
コレウスフォルスコリ インドの医学でよく使われていたシソ科の植物で近年ダイエット効果があるとわかってきた注目の成分。脂肪分解、肥満解消、高血圧の予防とダイエット中の方にはうれしい効果が期待できます。
酵素成分236種 DCCディープチェンジクレアチンには厳選された酵素236種が配合されており、その種類は酵素サプリメントよりも多いかも知れません。代謝のアップや消化機能のサポートに効果が期待できる成分です。
水素吸蔵サンゴ末 水素原子をサンゴカルシウムに吸着させて粉末化したものです。疲労回復に効果があると言われている成分です。
デキストリン ダイエットのCMなどでよく聞く成分だと思います。これは、トウモロコシを原料とした食物繊維で、脂肪の吸収を抑えたり糖質吸収を抑えたりする効果があります。
シトルリン 体内で一酸化窒素を生成する効果があります。有害物質である一酸化窒素を排出するために、血管が膨張し血流量がアップします。末端の冷え性改善が期待できますし、ヘモグロビンの取り込める酸素量が増加するので、筋力アップにも効果があると考えられてます。隅々まで栄養が届くことにもなり、健康の維持や美肌効果にも効果が望めるでしょう。
ミネラル酵母 人体にとって安全なミネラルを選び抜いて酵母に織り交ぜた成分。貧血やめまい、動悸や息切れといった中高年にはつらい症状を改善する効果があるとされています。若い人の運動後の立ちくらみや貧血を予防する効果も期待できます。

 

HMBサプリよりも多くのクレアチンを配合

HMBサプリの中にはクレアチンが含まれている種類もありますが、DCCディープチェンジクレアチンの方が多くのクレアチンが摂取できます。クレアチンのサプリだから当然だと思うかも知れませんが、カプセル型のサプリメントと言うのも理由の一つ。他の筋肉サプリよりも多くのクレアチンが、お手軽に補給できます。

 

クレアチンとHMBの相乗効果で筋肉を

クレアチンのサプリメントでありながらHMBも含まれているDCCディープチェンジクレアチン。筋肉サプリブームの火付け役となったHMBサプリ。筋肉を効率よく増やすためにはHMBが非常に大きな働きをすると考えられています。

 

クレアチンと一緒に摂取すると、筋肉の発達を阻害するホルモンの働きが抑えられるとも言われており更に効果がアップします。追加でHMBサプリを購入しなくても、DCCディープチェンジクレアチンの中に既にHMBが入っているのは大きなメリットですよね。