MENU

DCCディープチェンジクレアチンの成分と副作用の危険度を解析

DCCディープチェンジクレアチンの成分と副作用の危険度を解析しました。健康食品であるDCCディープチェンジクレアチンは、基本的には副作用の危険性はありませんが、一部副作用が気になる成分もあるので一覧でまとめました。

 

成分名 副作用 副作用の危険度
クレアチン 尿が出やすくなる
HMB なし
BCAA なし
オルニチン なし
イミダ15 なし
ブラックジンジャー なし
コレウスフォルスコリ 下痢
酵素成分236種 なし
水素吸蔵サンゴ末 なし
デキストリン 下痢
シトルリン なし
ミネラル酵母 なし

 

クレアチンは腎臓に負担がかかる?

クレアチンを摂取すると体内で生成される物質であるクレアチニン。クレアチンそのものは有害では無いのですが、クレアチニンは有害な物質のため腎臓でろ過されて体外に排出されます。このためクレアチンを摂取すると腎臓に負担がかかるとか、尿が出やすくなると言われていますが、腎臓に疾患をかかえている人を除けば、基本的には問題ないでしょう。

 

クレアチンの1日の推奨摂取量は5g。それを大きく超えるような量を毎日摂取すれば別ですが、5g程度の摂取であれば腎臓に負担はかからないと考えられています。ただしトイレが近くなる可能性はありますので、その点はご注意下さい。

 

過剰摂取に気をつければ副作用の危険性はなし

コレウスフォルスコリ・デキストリンは下痢を引き起こす可能性があるとも言われていますが、こちらも過剰に摂取しなければ問題ないでしょう。DCCディープチェンジクレアチンの主成分はあくまでクレアチンであり、それ以外の成分は副作用を引き起こす程の量は含まれていません。ただし下記のような方は副作用のリスクがありますので、摂取する場合には医師や専門家の指示を仰ぐようにしましょう。

 

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 持病をお持ちの方
  • アレルギーがある方
  • 服薬している方
  • 内蔵に疾患をお持ちの方